熱帯夜の眠り方

暑い暑い!!エアコンなしでは無理

毎年、猛暑、酷暑という日本、海外の方が「こんなに暑いなんて聞いていないよー」というのがわかります。
本当に暑くて死んでしまうと思いますもの。
実際、熱中症で部活中の学生さんが亡くなってしまったり、睡眠中に寝中小になって動けず、そのままお亡くなりになったという高齢者のお話をニュースで毎年見ています。

無理せずエアコンをうまく利用して酷暑の日本の夏を乗り切らないと、冗談じゃなく、命を削る事になるのです。

夏は日中、暑くて疲労しているので、しっかりと睡眠をとって疲労回復を図りたいものですが、熱帯夜となるとなかなか寝付けないものです。
夜も気温が下がらない都市部では、最低気温でも25度以上という異常な気候が継続します。

睡眠をしっかりとるという事を心がけないと、体力が落ちて病気をしやすくなりますし、快適に眠るという事をしっかり考えてみましょう。

寝苦しいのはなぜか

寝てしまえば暑いのも何もわからないよというのは怖すぎです。
暑いのも何もわからない状態になって寝ていると現在の日本の夏は命に係わります。

まあ、健康な人ならまず暑くてどうしようもないという時、本当に疲れ切っていない限り寝つけないでしょう。
なぜ暑いと寝つけないのかというと、眠る時には体温が下がる事が必要だからです。
人は上がっている体温を下げて、心地よい眠りがあるのです。
暑い状態では体温が下がる事が出来ず、眠れなくなる、汗をかくとさらに暑苦しくて眠れないという状態になります。

熱中症は夜間にも起こるという注意喚起を、ワイドショーでもかなり伝えてくれていましたが、最近の日本の住宅は気密性が高いので、夜になっても室温が下がりません。
また睡眠中は熱くなくても汗で水分が失われるのです。
東京の話ですが、2015年夏、熱中症で死亡された101人の方々の中で、夜間に亡くなって人はなんと23人もいらっしゃるのです。

どうしてこんなに暑いのか

昔私たちが子供の頃、これほど気温が暑かったか?というと、そうでもなかったように思います。
だって、学校にエアコンなんてついていなくても、何とかやり通せていましたから。
でも今は9月になっても35度を超える酷暑という日がありますし、子供たちの体力的な面も低下しているという事で、学校もエアコンが必須といわれています。

よく聞くのはエルニーニョ現象ですが、最近はラニーニャ現象という現象が起こっているのです。
エルニーニョ現象は太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけての海面水温が通常よりも高くなり、その状態が1年程度継続するという現象です。
ラニーニャ現象はその逆で、同じ海域で例年よりも海面水温が低い状態が継続する減少で、それぞれが数年おきに発生するといわれています。

このラニーニャ現象が継続すると異常気象を引き起こす、晴れて気温が高くなる、という現象が起こっているのです。
またこうした現象はゲリラ豪雨とか、今まで通る事のなかった地域に台風が通過するというような現象も起こしています。

医療保険加入時の落とし穴!

女性に知ってほしい医療保険の事

医療保険は多くの方が加入されていると思います。
私も、病気とか怪我をした時、万が一の場合に経済的に困る事がないようにと、医療保険に入っていますし、夫もしっかり加入しています。
私は保険とかいろいろ知っておきたい方だし、人事という立場で、後輩の女子達から保険の事について聞かれたりという事もあるので、ある程度知識を持っている方だと思っています。

保険の見直し、みなさんはどうされています?
保険は入ってしまうと安心して、保険料の事くらいしか気になりませんが、いざ保険を利用しようという時、使用できると思っていた保障に入っていなかった、特約が付いていなかったという事もあるので、一度しっかりと見直ししておく方がいいですし、結婚とか出産というライフスタイルが変わる時、見直ししておく方が安心です。

知っておきたい妊娠と保険のこと

医療保険に加入されるとき、女性にまずいいたいことが「妊娠前に加入しておくべき」という事です。
妊娠中でも妊娠27週目まで加入できる医療保険の会社が多いです。
でもこの場合妊娠という事に関しては、特定部不担保という部分になり、保険金の支払いがないのです。
医療保険に加入しても、例えば妊娠中毒症とか切迫流産、帝王切開という事になった時、保障されないという事になります。

どんなに健康でも元気いっぱいの方でも、本当にひどいつわりで入院する子もいますし妊娠は病気じゃないといっても、トラブルが全くないという事もないのです。
保険会社もそれがわかっているので、最初から保証しないといっていることで、独身だからとか、子供はまだ予定していないからといっていないで、妊娠前に、しっかり保険に入っておくことが大切なのです。

妊娠は病気じゃない、でもトラブルがつきもの

実は私も切迫早産気味になって短い期間でしたが入院しました。
私は妊娠前に医療保険に加入していたので、その時、保険を使える状態でしたが、短い期間だったので利用しませんでした。
でも、入っていることが本当によかったと思う友達も多くて、妊娠中毒症でお産まで3か月間、ずっと入院という友達はしっかりと医療保険を利用していました。

妊娠してから入る事の出来る保険があると安心していないで、受け取れない保障もあるという事をしっかり考えて、自分と家族を守るためにも、医療保険はできれば独身のうちにかけておく、また結婚を機に見直しておくという事が大切だと感じます。

若い世代で加入すれば、保険料も安く済むという商品が多いので、医療保険に加入していない人も、しっかり今、入る事をお勧めします。
また、彼が医療保険に加入していないようなら、結婚する際には絶対、加入してもらう事も考えてくださいね。

お風呂の効能について

疲れが取れるのはやっぱりお風呂

忙しく働いて部下にイラッとしながらもひきつった笑顔で乗り越えて、ストレス満タンで帰宅しても子供の顔を見て、家の暖かい空気に触れるとホッとします。

しかし疲れている時に限って、子供がぐずったり面倒なことがあったりするとますます疲労・・・・でも子供に自分の疲労で当たるという事も出来ないので、ここはママ、頑張る!!食事、子供をお風呂に入れて片付、夫がぐだぐだ(酔っ払い)状態で帰宅してベッドにほおりこんでやっと自分の時間、私のお風呂タイムはストレス解消タイムです。

多くの働くママたちは、入浴が自分の一番ほっとできる時間と聞きます。
皆さんゆったり入られているのかと思いきや、中には20分くらいで出るというデータもあり、私、ゆっくり1時間ほど入る派としては、驚きを隠せません。

まあ確かにサッと入ってゆっくり睡眠時間をとるという事もありますが、やっぱりお風呂はゆっくり入りたいものです。

現代人の入浴は

若い世代はなんと浴槽に入らない!!(私、信じられない!!)という結果があります。
男性の50%がシャワー派です。
女性でも、10代、20代は30%が 浴槽に入らないというので時代は変わったのね・・・と心底ビックリしました。
うちの子は、長々と入っていますけれど・・・ああ、そうそう、スマホを持って入るというのも若い子の特徴だと聞きました。

携帯、スマホをもって入る子は、浴槽に入ってゆっくり・・・というタイプのようです。
でも、おばちゃんから(自らもうおばちゃんという私)いわせてもらうと、浴槽、湯船につかるというのは、本当にいい効果があるものなのですよ。

湯船につかる効果

まず、温熱効果があります。
血行が良くなってむくんだ足がゆっくりほぐれていくのがわかります。
疲労回復効果があるのです。

水圧によってマッサージ効果も高まります。
浴槽の中で全身にかかる圧力はなんと250kgあるといいます。
確かに病み上がりにお風呂に入るとどっと疲労しますよね。
水圧によるマッサージ効果が自然と発揮されて、足の疲れやむくみをとってくれるのです。

更に浮力効果があります。
湯船の中では重力を軽減してくれるので、体重は1/9くらいになります。
体重を支えている筋肉や骨の負担が少なくなって、リラックス効果も高いのです。

いい入浴方法は、40℃程度のお湯に15分、肩までゆったり浸かる、という事です。
私の場合、長すぎるのですが、これからこの方法で入ろうと思っています。
心地よく眠るには、就寝の1時間から2時間くらいまでに入浴するといいそうです。
体温が下がると眠りにつきやすくなるので入浴してから体温がしっかり下がるまで待って、寝る方がいいのです。

入浴には色々な健康効果がありますが、朝起きぬけに熱いお風呂に入ると心臓に負担がかかり、突然死という事も聞きます。
方法をよく理解して入るように心がけましょう。