やかましいチョウバエの駆除法

どれだけ清潔にしても出てきてしまうチョウバエ

夏前くらいからキッチンやお風呂場、ごみ箱といった場所で小さなハエが出てくることがあります。
ハエよりも小さくて蛾のような見た目をしていて数が多いようであればそれはチョウバエです。

このチョウバエというのは名前に蝶とハエが入っているために蝶やハエの仲間と思われがちですが、蚊に近いものと言われています。
日本ではチョウバエは60種類にも上ると言われていますが、その中でも住宅の水回りを中心にみられるのがオオチョウバエとホシチョウバエの二種類です。

これらはどれだけ日々気を付けて掃除をしていても出てくるものです。
発生源としては汚泥や汚水といったものであると言われているのですが、マンションのような集合住宅だとほかの家から発生したものが排水管を伝ってほかの家に伝播することが多いと言われています。
ただ、まだ詳しいことははっきりとはわかっていない状況です。

チョウバエは成虫でも幼虫でも暗く湿った暖かい場所を好む傾向にあります。
そのため夏場のお風呂場やキッチンといった場所はチョウバエがとても好む場所であり繁殖しやすいです。

チョウバエの駆除方法

チョウバエはお風呂場で繁殖するものの水は苦手です。
そこで殺虫剤をかけなくても水をかければ十分に駆除ができます。

幼虫は排水溝で繁殖をしていきます。
そこで夏場はとくにこまめに排水溝の清掃をすることを心がけましょう。

お風呂場の場合には目に見える場所や排水溝以外にも浴槽のエプロン裏に巣を作って繁殖することがあります。
そこで定期的にエプロンを開いて中の掃除をすることを心がけると効果的です。

エプロン裏にはスカムと呼ばれる浮遊有機物が溜まりやすいです。
これはチョウバエの鉱物でとても繁殖しやすい環境となってしまいます。
エプロン裏に溜まったスカムは簡単には取り除けないので何回かに分けて徹底的に掃除をすることが重要です。

もしもチョウバエが発生しているのを見つければ水をかければ大多数は駆除できます。
しかし水をかけただと残っている場合もありますから、界面活性剤入りの洗剤を薄めてかけたり磨いたりするとより効果があります。
それでもスカムが落ちないという場合には古いストッキングや歯ブラシといったものを使って磨いたり、十三やクレンザーを使って掃除をしたりすると効果的です。

掃除をする際、排水溝掃除の場合には漂白剤のような塩素系洗剤を使う人がいますが、使う前には必ず注意書きを確認しましょう。
最近のシステムキッチンやユニットバスの中には塩素系洗剤の使用を控えるべき素材が使われていることもあります。
こまめな掃除をして清潔を保ってチョウバエの予防とともに水回りの清潔を保ちましょう。

家中の掃除が捗る「オキシクリーン」活用法

大流行中のオキシクリーンとは

最近は様々な掃除アイテムが流行していますが、その中でも特に人気なのがオキシクリーンです。
オキシクリーンは塩素や蛍光剤、界面活性剤といったものが使われていないために環境にも優しく、掃除洗濯と様々なところに使うことができます。

オキシクリーンはもともとアメリカで誕生した酵素系漂白剤です。
酵素系漂白剤の主成分は弱アルカリ性である過炭酸ナトリウムです。
過炭酸ナトリウムは水に溶けると酸素と水、炭酸ソーダとに分解されてこれが洗浄効果の高いもので汚れをしっかりと落としてくれます。

塩素系の漂白剤とおなじくらい漂白能力があるものの、色柄ものの色落ちを防いで汚れだけを落としてくれるという特徴があります。
そのため、使い勝手が良いというところも人気です。

オキシクリーンの活用方法

オキシクリーンは漂白効果が高いことで漂白剤代わりに使われることはもちろんですが、日常的に洗濯洗剤として使うことができますし、様々な場面で掃除にも活用できる便利なアイテムです。
床の拭き掃除をするときにも使うとフローリングのべたつきが取れて汚れも取れます。
なおかつ有害物質が入っていないということで赤ちゃんや子供のいる家庭、ペットのいる家庭でも気軽に使うことができます。

特に台所の床というのは調理の際に油が飛び跳ねて床にシミがたくさんついていることが多いです。
これもオキシクリーンを溶かした水で濡らした雑巾で拭くと一気にきれいになります。
ただし、床材によっては水拭きが禁止されているものやオキシクリーンの使用を控えるように書かれているものもありますから、事前に材質の確認をして使用するようにしましょう。

食器の汚れを取ることもできます。
グラス類やシルバー類は使っていると少しずつ曇りが出てくるものです。
これもオキシクリーンでつけ置き洗いをしたり、オキシクリーンを溶かした水で湿らせたふきんで拭き掃除をしたりするときれいに落とすことができます。

ガスコンロ周辺の油汚れにも効果的です。
オキシクリーンを溶かした水を洗剤代わりに使って使うこともできますし、こびりついて落ちない場合にはキッチンペーパーをかけて霧吹きで振りかけてしばらく放置すると汚れが浮いてきます。

特にひどい汚れにはペーストを活用する

お風呂のタイルの目地が黒ずみや換気扇にこびりついている油汚れなど、簡単に落ちない汚れはペーストにしたオキシクリーンが効果的です。
ペーストの作り方は簡単でオキシクリーンにお湯を加えてペースト状にするだけです。

ペーストにすることで汚れている部分にしっかりと付着して汚れが落ちやすくなります。
お湯を使ってペーストにすることで、オキシクリーンが効果を発揮しやすくなるので、40度程度のお湯でペーストを作るのがおすすめです。

超簡単!温泉卵の作り方

失敗する心配がありません!

今日のメニューは丼ものという時にトッピングにあると嬉しいのが温泉卵です。
生卵よりもゆで卵よりも丼のトッピングには最適で、何ともいえない美味しさを楽しめます。
お店では美味しそうな温泉卵がトッピングされていますが、自宅で再現しようとするとかなり難しいものです。
ドロドロでほぼ生の状態になっていたり、硬すぎてほとんどゆで卵という状態になるので調整が難しいものです。
どんなに料理が苦手な人でも超簡単にできる、温泉卵の作り方をご紹介します。

参考:放置するだけ!失敗なし!ぷるぷる温泉卵の超簡単作り方7つの方法

コツなし!お湯に入れるだけ

温泉卵の作り方は決して難しく考える必要はありません。
まずはお湯を沸かしてしっかり沸騰させてください。
沸騰したら火を止めて、卵を投入してそのまま15分待ちましょう。
唯一コツがあるとしたら、何も手を加えないことです。
ぐるぐるかき回してみたりしたくなるものですが、かえって余計な事をした方がお湯の温度が下がりすぎてしまって生の状態に近くなってしまいます。

また、蓋をしないで開けっ放しにしておくことも忘れないで下さい。
蓋をするとお湯の温度が高いままになるため、ゆで卵のように硬くなってしまう原因になります。
本当に何も手を加えない方法が最も簡単な作り方といえるでしょう。

炊飯器の熱を有効活用

ご飯が炊きあがった直後は熱々なので、この温度を利用して温泉卵を作ってみましょう。
まずは準備段階として卵をしっかり洗っておきましょう。
日本の業者さんは衛生的な卵を生産してくれていますが、さすがに炊き上がったご飯の中に投入するのですからきちんと洗っておいた方が良いです。
洗う時には殻が割れないように注意して、アルミホイルでくるんでおきましょう。
ご飯が炊きあがったらアルミホイルでくるんだ卵をご飯の上に置いて炊飯器の蓋をして40分くらい経ってから取り出してください。

もう一つのやり方は、ご飯を炊いていない空っぽの状態の炊飯器に卵を入れておき、70度くらいに冷ましたお湯を入れて炊飯器の保温ボタンをオンにします。
このままで30分放置すると温泉卵が出来上がるという方法です。
まとめて温泉卵を作りたいという場合にはこの方法がとても簡単だと好評です。

炊飯器を使って温泉卵を作る場合は、それぞれのメーカーによって特性が異なるため、時間を調整しなければいけない場合があります。
一回目に作った時には失敗だったけど、二回目に時間を調整し直したら成功したという場合には、成功した時の時間をしっかり覚えておきましょう。

どんな方法で温泉卵を作る場合も、重要なのはしっかり時間を測ることです。
時間によってドロドロになったり、硬くなりすぎたりするので丁度良い時間を見極めるまでが難しいかもしれません。