就活はその会社にあわせた戦略で

就活で大事なこと

いろいろ偉そうなことを言ってしまいましたが…。
基本的に、「就活」というのはその会社に合わせた戦略で行く必要があります。
だから、ここで私が言ったことが「絶対」というわけでもありません。

これは声を大にして言いたい。
その会社に合わせた就活をする、これが一番大事なことです。
就活というのはどの会社でも一緒というわけではなく、その企業によってやり方を
かえていく必要があるということです。これはどういうことなのかを考えてみて下さい。

私はここで、「就活のメイクは薄い方がいい」と書きました。
清潔感があってシンプルなメイクがいいと書きました。
でも、すべての企業がそうではないのです。

例えば、服飾販売員になりたいというひとならメイクは最先端のほうがいいかもしれません。
黒くてまとめた髪は「ダサイ」といってマイナスポイントになってしまうのかもしれない。

そういうことを考えたら、一概に「こういうファッションが良い」というのはいえないのです。
私がここで述べたのは「一般常識」であって、それにとらわれない企業もたくさんあるということを
忘れないでください。

面接官を笑わせた方がいいこともある

これは実際にあった話ですが、完璧な敬語と受け答えで面接を終えたひとではなく、とにかく面白おかしくしゃべって相手を笑わせた人が合格したというケースがありました。
面接官も人間ですから、やっぱり「楽しく自分を笑わせてくれる人が良い」と考える人も多いと思います。
そういうひとに、真面目な顔で話をしてもまず受かりません。
これは本当に大事なことになるので、相手にあわせた雰囲気づくりをすることも大事だということは意識をしておきましょう。面接も、どんなものがいいのかは会社によるということです。

だからリサーチが大事!

会社のリサーチが大事なのは、こういった理由があるためです。
面接できかれたときに困らないように…ということではなく、その会社を知るということが本当に大切なこと。
そこから「どういう面接がいいのか」がみえてくることもあるでしょう。
まずは、企業について研究をしてください。それから、がんばってリサーチをしてください。
そういう努力をした人が、内定をもらえる世界だということです。

第一印象を変える就活メイク

1d42d33ccd770453962050b4ec83104e_s女性のいいところは、メイクをして印象を変えることができるということです。
これはメリット!自分の顔の中のパーツで「ここがちょっとな」と思うところがあったら、フォローができるというのは本当にいいことです。
なので、就活前に「効果的なメイク方法」を考えていきましょう。
では、ここで「どんなメイク方法があるのか」についてかんがえていきましょう。

就活メイクって?

就活メイクとは、就職活動をする時に効果的なメイクのこと。
これは本当に大切なことです。
プライベートでするメイクは好きにしていいですが、就活の場合は「相手に好感をもってもらえるようなメイクをする」ということが基本中の基本。
だからこそ、就活に必要なメイクの知識を得ておくというのは大切なことになります。
では、ここで「就活メイクのポイント」について書いていきたいと思います。
これから就活をするというひとは、ぜひ参考にしてみてください。

シンプルなメイクであることが基本です。

まず、就活メイクというのは「シンプルなメイクである」ということが基本。
あまり派手過ぎず、シンプルで清潔感があるメイクを意識してください。
自分が好きなメイクではなく、相手から好感をもってもらえるようなメイクであるということが基本です。
これが意外と難しいですよね。自分で好きなメイクをするのはできても、相手から好感度をもってもらえるようなメイクは難しいというひとが多いです。
だからこそ、「研究」をすることが重要です。

必要以上に濃くしない

まず、必要以上にメイクはこくしないこと。
女性というと、アイライナーやマスカラを使ってアイメイクに凝る人も多いですが、これは面接の場では「濃すぎる」と思われることが多いです。
目を印象的にしすぎると、相手からは「なんだかきつそうで、近寄りがたい」と思われてしまうこともありますので、あまりこすぎないように調整をされることをお勧めします。
アイメイクは薄く、柔らかい印象を目指すと失敗がないでしょう。

そして、気を付けたいのがチークです。
チークは彫りを深く見せるために必要なものですが、これもあまり濃すぎるといい印象がありません。ピンク過ぎるとギャルの様なイメージにもなってしまいますし、これも薄く叩く程度にして控えめにされることをオススメしたいですね。
この様に気を付けたいことはたくさんあるのですが、基本は「相手に好印象をもってもらえるメイク」ということを意識すれば大丈夫です。

第一印象の大切さ

履歴書の写真って大事

これ、知り合いで就職活動をしている人には必ず言っているのですあ、「履歴書の写真」ってかなり大事です。
なぜかというと、履歴書の写真一枚でいろんなことが変わるから。
そもそも、履歴書を提出した人全員が面接にくることができるわけじゃないです。
履歴書を出してもらって、選ばれた人だけが面接にいけます。
これってどこを見ているのかというと、やっぱり履歴書にはられた写真の存在が大きいですね。
なぜ履歴書の写真が大事かって言うと、やっぱり面接官が最初にみるのって写真なんです。
まずそこに目が行くから、そこでいろんなことを判断してしまいがちなんですね。
たとえば、そこにある写真の印象で「暗そうだな」と思ったら、その人とは面接をしないとかそういうこともあるんです。意地悪だなって思うかもだけど、こちらもそれが仕事ですし、きっちり仕事でやっているのでね…。

履歴書の写真をとるときは、ちょっと微笑むと良いですよ。
よく「真面目さを出すためにきりっとした表情で」とがんばる人もいるのですが、それだと写真が緊張したかんじになってしまって、あんまりよろしくないんです。
だから、履歴書の写真をとるときは微笑んで親しみがあるような表情にしてみてください。
自分でとるんじゃなくて、写真屋さんにいって撮影をしてもらうといいですよ。
だから、そういうことを考えて写真撮影をしてみてほしいと思いますね。

仏頂面はいけない

やっぱり、人間「笑顔」って大事だと思うんです。
へらへら笑えという意味じゃなくて、ニコニコしているひとというのはやっぱり印象が良いし、「もっと話をしてみたい」って思います。
これ、どんな職場でも同じだと思うんです。
とくに営業とか接客だと、相手にどれだけ好感を持ってもらえるかどうかが勝負になってくることが多いので、相手に好感をもってもらえるような表情についてかんがえてみてほしいと思います。
鏡の前で練習しろとよく言われますが、やっぱりそういう練習をすることって大切なことなんじゃないかなと思いますよ。あとは、日ごろの中で意識して笑顔をつくること。それも、面接を乗り越える上で大切なことになるのではないでしょうか。
意識して笑顔の練習をするというのは大事なことなので、ぜひ意識してみてほしいですね。
そういう努力をしている人って、こちらにもそれが伝わったりしますから…。日々の努力が結果に結びつくということを忘れずに。