ロボット掃除機の性能比較

お掃除ロボットを買おうと思っています

友人宅に行った時、私よりもずっと忙しく働く管理職の主婦友が、掃除はお掃除ロボットに尽きると熱弁をふるうので、どんなものかを見せてもらいに行ってきたのです。
なるほど、汚れがあるとそこに向かって勝手に動いてくれる、これは便利だ・・・でも部屋の隅はどうなんだろう?ああ、そうか、そのハケのようなブラシで隅っこの埃を引き出して吸いとってくれるのね・・・とみているほどに欲しくなった・・・彼女の家には、お掃除ロボが各部屋にあるのです。

ここまでは必要ないなと思うけれど、リビングとか比較的友人たちや子供のお友達が来ることも多い我が家にこれは必需品だと感じたのです。
1台でいい、お掃除ロボットを我が家にも連れて帰りたいと思い、ちょっと各メーカーを比較検討してみました。

いろいろあるお掃除ロボット

調べてみると、ランダムナビゲーション型と呼ばれる自由走行型と、システムナビゲーション型と呼ばれるマッピングシステムのものがあります。
ランダムナビゲーション型は、ランダムに見えるような動きで部屋の中を掃除しまくりますが、実はいくつかの行動パターンで掃除しているというものです。

高知能型と低知能型、それに単純ランダム型があり、高知能型は安いもので3万円くらい、低知能型は1万から2万位です。
単純ランダム型は、本当にランダムに動くタイプで、壁に衝突すると方向を変えます。

長所は掃除している時複数回角度を変えるのでゴミを取り逃がすことが少ないという事、短所は高知能型でも、未掃除のままで終わる場所が出てくるという事です。

システムナビゲーション型は、室内を平行移動しながら内臓されているコンピュータが室内を地図化、つまりマッピング化して、現在位置を記録し、同じ場所を出来る限り2回通らないように賢くお掃除してくれるというものです。

高度なコンピュータが内蔵されているので高知能型のみで、重複して通るところがないので掃除が早い、広い面積に適しているということが長所です。
短所は当然お掃除ロボットはどの型も充電式で吸引力が弱いのに、このタイプの場合、同じ場所を1回通過するだけというものなので、掃除がきれいにできているのか不安が残るという点です。

基本的にランダムナビゲーションタイプがいい

電気店の方ともお話しさせていただき、基本的にはランダムナビゲーションの方が日本の住宅には向いているといえそうです。
これから先、まだ新しいものが登場すると思いますが、うーん・・・・お掃除ロボット必要なのかな・・・と迷ってしまいました。

確かにうちのように共働きという家庭で非常に便利で手抜き家事ができると思うのですが、子供のものが床に散らばっていることが多い我が家(そんなに汚くはないですよ!)ではきれいに掃除できないのではないか?と・・・、まあもう少し夫と相談しながら買おうという話になりました。