医療保険加入時の落とし穴!

女性に知ってほしい医療保険の事

医療保険は多くの方が加入されていると思います。
私も、病気とか怪我をした時、万が一の場合に経済的に困る事がないようにと、医療保険に入っていますし、夫もしっかり加入しています。
私は保険とかいろいろ知っておきたい方だし、人事という立場で、後輩の女子達から保険の事について聞かれたりという事もあるので、ある程度知識を持っている方だと思っています。

保険の見直し、みなさんはどうされています?
保険は入ってしまうと安心して、保険料の事くらいしか気になりませんが、いざ保険を利用しようという時、使用できると思っていた保障に入っていなかった、特約が付いていなかったという事もあるので、一度しっかりと見直ししておく方がいいですし、結婚とか出産というライフスタイルが変わる時、見直ししておく方が安心です。

知っておきたい妊娠と保険のこと

医療保険に加入されるとき、女性にまずいいたいことが「妊娠前に加入しておくべき」という事です。
妊娠中でも妊娠27週目まで加入できる医療保険の会社が多いです。
でもこの場合妊娠という事に関しては、特定部不担保という部分になり、保険金の支払いがないのです。
医療保険に加入しても、例えば妊娠中毒症とか切迫流産、帝王切開という事になった時、保障されないという事になります。

どんなに健康でも元気いっぱいの方でも、本当にひどいつわりで入院する子もいますし妊娠は病気じゃないといっても、トラブルが全くないという事もないのです。
保険会社もそれがわかっているので、最初から保証しないといっていることで、独身だからとか、子供はまだ予定していないからといっていないで、妊娠前に、しっかり保険に入っておくことが大切なのです。

妊娠は病気じゃない、でもトラブルがつきもの

実は私も切迫早産気味になって短い期間でしたが入院しました。
私は妊娠前に医療保険に加入していたので、その時、保険を使える状態でしたが、短い期間だったので利用しませんでした。
でも、入っていることが本当によかったと思う友達も多くて、妊娠中毒症でお産まで3か月間、ずっと入院という友達はしっかりと医療保険を利用していました。

妊娠してから入る事の出来る保険があると安心していないで、受け取れない保障もあるという事をしっかり考えて、自分と家族を守るためにも、医療保険はできれば独身のうちにかけておく、また結婚を機に見直しておくという事が大切だと感じます。

若い世代で加入すれば、保険料も安く済むという商品が多いので、医療保険に加入していない人も、しっかり今、入る事をお勧めします。
また、彼が医療保険に加入していないようなら、結婚する際には絶対、加入してもらう事も考えてくださいね。