ニオイが気になるシーン

あります、女性同士でもニオイが気になる事

会社でもちょっと、女性同士でエレベーターに乗った時など、ニオイが気になるという事があります。
人のにおいが気になると、あれ?私もくさいのか?と思わずクンクンしてしまいますが、ニオイを気にして仕事するって嫌ですよね。

女性のにおいが気になったことってある?と我が家の夫君に聞いてみると「うん、いい香りがする子がいてね、本当に石鹸みたいな・・・」と話が全く違う方向に行くので、夫に理解は無理らしい、で、ブログを見ている皆さんにも聞いてみたいと思うのですが、まずはデータを見てみると、やっぱり気になるニオイがあるのです。

体全体という意見が何と一番で、次に口、服、脇、という意見が続きました。
どこで?という質問には、電車とかバスなどの交通機関や職場、エレベーターの中、という意見が多いです。

ではニオイを実際に指摘されたことがあるかどうかと聞いてみると、ないという答えが圧倒的で、あるというのが3割くらい、自分で自分がくさいかも?と感じている人を見ると9割以上という事なので、ほとんどの場合、周りから指摘されることはないという事が割ります。

何が実際にくさいのか

ニオイがくさいと感じるのは何かというと、香水、口臭、たばこ、脇、汗という意見です。
香水ね、確かに若い女性も男性もつけ過ぎていて、若い男性社員なんて上司からお前つけ過ぎたと怒られていますから。
営業に行くのに香水のにおいプンプンでは困りものです。

女性に聞いてみると香水をつけていったら「トイレのにおいがする?」と周辺がざわついたとか、男性の場合、出社して暑くてあおいでいたら全力で隣の席の女子が消臭スプレーを渡してきたというエピソードを明かしています。

自分でニオイについて気を付けているところは?という質問には、口や髪の毛、脇という意見が圧倒的で、その他衣服、という意見でした。
所が、専門家に聞いてみると本当に気を付けるべきニオイは、洋服のにおいだといいます。

衣服には色々なにおいがついている

衣服には自分の身体のにおいはもちろんのこと、煙草や焼き肉、ラーメンなどのその他のにおいがついてしまうのですって。
発散されるニオイよりも付着したニオイの方が感じる、だから周りの人にもニオイを感じさせやすいのだという事です。

人のにおいがくさいと感じることは多くても、自分のにおいはわからないという事もあります。
それに最初は気になったニオイも、長く一緒にいるとだんだん気にならなくなったという話も聞きますが、これは、嗅覚の順応とか、嗅覚の疲労というのだと知りました。

特に春から夏、汗をかくことが多くなってくるので、やっぱり柔軟剤などで、汗のにおいを感じさせない物とか、衣服にニオイを吸着させないことがニオイを発生させないことになるのかもしれません。