壁に傷をつけずに済む「ディアウォール」の作り方

注目の便利アイテムディアウォール

最近、DIY好きな人を中心としてディアウォールが注目を集めています。
賃貸物件に住んでいてもせっかくならば好きなインテリアの部屋にしたいものです。
そのようなときにディアウォールがあると壁に穴をあけたりくぎを打ったりすることなく部屋にいろいろなアレンジをすることができます。

今までは無理だと思っていたことが可能になりますしいろいろな場所でさまざまな活用ができます。
ここではディアウォールを使ったインテリアのアレンジ方法を紹介していきますのでこれから模様替えをしたいと思っている人はぜひさんこうにしてみてください。

ディアウォールの使い方

壁に傷をつけられないものの、部屋に収納スペースを作りたかったりディスプレイとしていろいろ飾りたいと思っていたりする人は多いものです。
そのような人にはディアウォールで柱を作ることで部屋を一気に変えることができます。

ディアウォールは突っ張り棒の柱バージョンのものと考えればイメージしやすいものです。
設置の方法としては、ディアウォールを柱となる木材につけて壁にぴったりとついた状態で固定します。
このとき押して浮いてしまうような素材だとディアウォールが完全に固定できず危険なので設置ができませんから注意をしましょう。

ディアウォールを付けた板材は天井側から設置して床側を設置します。
板をはめこんだら最後にスプリングを縮めて固定して完成です。

このとき床に対して水平になっていないと倒れてきたり設置したものが曲がってしまったりする原因となります。
そこで水平器を使ったり三角定規を使ったりしてしっかりと垂直であることを確認しましょう。

ディアウォールを使ってのアレンジ方法

ディアウォールを設置したら、そこにいろいろなアレンジを加えることができます。
人気なのが壁面収納を作るということです。
ディアウォールを2つ設置して、そこに床と平行になるように何枚か板を付けるとその部分に自由に使える棚を作ることができます。

棚の部分にそのままおしゃれなアイテムを置くこともできますし、小物を置いて収納スペースにすることもできます。
突っ張り棒を付けて洋服をかけたり、ワイヤー網を取り付けてアクセサリーハンガーにしたりということもできおしゃれに楽しむことができます。

2本のディアウォールの間に板を取り付けてアクセントウォールとして壁を作ることもできます。
この部分については自由にペイントをしたりポスターを貼ったりして楽しめるので純粋に壁をおしゃれにするアイテムとして利用することが可能です。
一人暮らしのマンションでも壁をおしゃれに仕上げることができるということでこの方法はとても人気です。