賃貸でも出来るお洒落なトイレのDIY

トイレのDIYは自分でできる

トイレのDIYといったらプロの力を借りなければできないものと思われがちです。
もちろん、排水設備を変えたりトイレ本体を変えたりといった作業はプロに任せないと失敗することが多いです。
しかし、賃貸物件でも自分でできるDIYがいろいろとあります。

自分の家が快適で好みのデザインとなれば住み心地はよりよくなりますし、家にいる時間が楽しくなりリラックスが得られるようになります。
賃貸物件でもあきらめずできるDIYをしてみましょう。

トイレに棚を作る

賃貸物件のトイレはあまり広くなく、ものを置く場所が十分に取れないことも多いです。
さらに作り付けの棚がないとなればどうしてもものを置くスペースがなく、床にあれこれ置いてしまうことも少なくありません。
そのような状態は不衛生ですしトイレ掃除も面倒になってしまいます。

そこで賃貸物件でもトイレに棚を作ってスペースを有効に使うようにしましょう。
最も簡単な方法としては棚になるタイプの突っ張り棒をトイレの背面に設置して背面収納を作るという方法です。
これは棚の上部に突っ張り棒を付けて布で隠せばプライベートも守ることができ、なおかつ簡単に作ることができおすすめの方法です。

もう少し本格的なものにしたいという場合には、トイレの上に物置スペースができるようにコの字に木材を組んでトイレのタンク上に設置するという方法があります。
これならばトイレの上に棚となる板材を置いているだけなので壁を傷つけることがありません。
天板を重ねておいて棚のような形にしたり、かごや箱を置いたりと収納方法もアレンジもいろいろできます。

流行のタンクレストイレを作ることもできる

この棚を作る方法を応用するとトイレタンクを隠す収納を作ることもできます。
トイレのシンク部分を残すように下の部分を目隠しするという方法で、下に収納スペースを作ることも可能です。

まずは角材で枠組みを作り、トイレのタンク部分を覆う骨組みを作っていきます。
それができたら角材にトイレのタンク部分を隠すために板を付けていきます。
このとき、板に色を塗ったり壁紙を張ったりしてアレンジするとオリジナリティのあるスペースにすることができおすすめです。

ただ、タンク横の部分は水がかかりやすく塗装をするとトイレの壁紙に色を付ける可能性もあります。
そこで、そのような部分だけはタイルを貼ったり壁紙を貼ったりといったアレンジのほうが良い場合もありますから素材を見て判断しましょう。

これは簡単そうに見えてトイレの狭い部分で行いますし、トイレのような細かなパーツのある場所で行うためしっかりと長さを測って行う必要があります。
そこで、作業をしながら実際にトイレに設置して微調整をかけながら作るようにしましょう。