あらかじめ、掃除をする場所を決めておく。

効率重視の私ですが、実は掃除はあまり得意ではありません。
掃除は大嫌いで、この掃除をするためにどれだけ悩んだか解りません。
嫌いな作業だから、さっさと終わらせたいと思うじゃないですか。
だから、とにかく掃除をするのですが、これがなかなか終わらない。
どうして手際よく終わらせることが出来ないのか・・・と考えていたら、ある時「自分は,目についたところから順に片付ける」という癖があることに気付きました。
例えば、本棚の本が気になればそこを並べようとするし、床に散らばっている洋服が気になれば、それを片付ける・・・・という感じ。
あまりにも部屋が汚いので、できるだけ早めにカタをつけたい!という気持ちからおきたものなのですが、こうしたことを繰り返しているうちに、「あまりにも効率が良くない」ということに気付きました。
そこで、効率を考えることにしたのです。
部屋のお掃除にも、私の「効率重視」のパターンを適用です(笑)。

▼やる範囲を決めて、掃除をする
私が決めたのは、まず「掃除をする範囲を決めてしまう」ということです。
例えば、今日はリビングをしっかり掃除をして、次の日には寝室を掃除するというパターンです。
こうして範囲を決めて掃除をすることで、効率よく掃除をすることができる様になったのです。
つい別のところを掃除したくなったとしても、「今日の範囲はここからここまでだから」と決めているおかげで、ちゃんと掃除をすることができる様になったのです。
物事、何でも工夫だなーと思いました。

▼掃除用具も、取り出しやすい様にすること
掃除用具に関しても、きちんと取り出しやすいように収納しました。
掃除用具でも、場所によって使う洗剤って違うじゃないですか。
そういうことがあるので、掃除用具はしっかりまとめて、使いやすいようにしておくことにしたのです。
こういう工夫をすることで、掃除の存在がとても近いものになったのです。

▼効率を考えながら掃除をするのは楽しい
最初に言ったとおり、私は掃除をすることが好きではありません。
だからこそ、掃除を手早く終わらせることができる様に、色々なことを工夫しているのです。
ずっとこういう生活をしていると、なんでも効率を考えて重視して行う様になりますね。
私の生活は、これまでずっと効率重視で生活をしています。
掃除に関してはクリアしたので、今後はもっともっと効率よく火事をすることができる様にがんばりたいと思います。
こんどはどんなふうに効率よくしていこうかな・・・なんて、考えることもすごく楽しいですね。