簡単リメイク料理5選♪

昨日の料理が違うものに変身!

作る量を間違えてしまったりして料理が余った場合、あなたはどうしていますか?
翌日もそのままの料理で食べる、冷凍保存しておいてほとぼりが覚めた頃に食べるなど色々な意見があると思いますが、翌日は違う料理にリメイクして全く違うような料理に変身させてみるのもおすすめです。
個人的におすすめの簡単リメイク料理を厳選して5種類セレクトしてみました。

カレー

カレーは大きな鍋で作った方が美味しくなるもので、つい人数分以上の量で作りすぎてしまうものです。
何日もカレーが続くと、家族から文句を言われてしまうのでリメイク料理で違った味わいを楽しんでもらいましょう。

おすすめなのがカレードリアで、作り方も簡単です。
余ったカレーにご飯を混ぜあわせて耐熱皿に入れます。
後はお好みで生卵を入れてマヨネーズやチーズ、パン粉などをふりかけてトースターで10分くらい焼くだけでOKです。
とても簡単にカレードリアに早変わりするので、普通にカレーライスを食べるよりも美味しいです。

肉じゃが

肉じゃがも中途半端な量が余りやすいものですが、翌日そのまま食べるのはなんとなく避けたいと言われてしまいます。
そこでおすすめなのはコロッケにする方法です。
肉じゃが他の具材ごと潰してしまいますが、恐らくこれだけでは量が足りないと思いますのでじゃがいもを茹でてマッシュしたものに加えます。
しっかり味が付いているので味付けは不要で、そのままコロッケとして形を整えて衣を付けて揚げましょう。
これだけの手間なのですが、コロッケの味わいはいつも以上に美味しくなるのは不思議です。

かぼちゃの煮物

どうしても煮物料理はあまりがちですが、かぼちゃの場合はそのまま潰してしまってマヨネーズなどで味を整えなおしてかぼちゃサラダに変身させましょう。
ヘルシーな朝食のお供に最適です。

きんぴらごぼう

しっかり味付けされているものなので、色々とリメイクの幅が広がりますが昔懐かしい味わいを楽しみたい時におすすめなのがかき揚げです。
きんぴらごぼうをそのまま衣と混ぜて揚げても良いですが、玉ねぎを加えると更に美味しさがアップします。
味がしっかり付いているので揚げたてのサクサクをそのまま頂いてください。

唐揚げ

冷めても温め直せば美味しくいただけますが、せっかくなので一手間加えて更に美味しく生まれ変わらせてください。
酢、しょうゆ、砂糖、ケチャップ、酒、片栗粉などで甘酢あんを作り、余った唐揚げに絡めるだけで出来上がりです。
冷蔵庫にピーマンやパプリカが残っていたら、先に火を通しておいてから甘酢あんと合わせて唐揚げと絡めると更に色合いが良くなります。
お弁当にも合うメニューなのでお子様からも大好評を得られるでしょう。