洗濯を楽にするために

家事というのはいろいろとあります。
掃除、洗濯、料理を三本柱として、その他にも片付けものがあったり、子どもたちや夫の世話があったり。できるだけ家族にも手伝ってもらいながら家事を進めるようにはしていますが、やっぱりおかあさんのやらなくてはならないことはいつだって山積みです。しかし、逆にそういう風にやることがいっぱいある方が、やりがいを感じたり、どうやって工夫して進めていくことができるかを考えたりできるので楽しいです。仕事でもタスクがたくさんあった方が、それをこなしたときの達成感が高いですよね。それと同じことが家事にも言えるのです。

▼まずは着るものを考える

さて、洗濯というのもまた家事の大切な仕事のひとつです。洗濯機がない時代はそれこそすべて手洗いだったので、時間も手間もかかりましたが、最近では洗濯機どころか、乾燥機付き洗濯機の普及により、さらに効率的に洗濯ができるようになってきました。洗濯物を放り込んでスイッチを押すだけで、洗濯から乾燥まですべてを自動的にやってくれるのです。しかも、最近の洗濯乾燥機は静音設計ですので、夜寝ている間に動かしても問題はありません。これでかなりの時短が期待できます。ところが、問題なのはそれからです。洗濯乾燥機から乾いた衣類を取り出し、それをたたんで所定の場所にしまうのは、人間の手で行わなくてはなりません。それが実は結構面倒臭い。これがひとり暮らしだったら、乾燥機をクローゼット代わりにして、その中から必要に応じて着るものを取るということもできるかもしれません。しかし、家族がいるとそういうわけにはいきません。家族全員分の洗濯物を取り出し、たたみ、それぞれの場所にしまうのは意外と時間がかかるものです。そこで、なんとかしてその部分を短縮できないかと考えたひとつの方法は、たとえば靴下などは同じ靴下を買っておくということです。これは節約にもつながります。もちろん、全部の靴下を同じ色で揃えるわけにはいきませんが、たとえば、白だったら同じメーカーの白い靴下をまとめて購入しておきます。その他に、茶色系、紺系というように、系統ごとに靴下を用意しますが、すべてメーカーを整えておくのです。そうすれば、色ごとに靴下をたばねておけば問題はありません。もし一足一足違った柄の靴下だとしたら、それをわけるだけでもちょっと時間がかかってしまいます。靴下を揃えるのにはそういうメリットがあるのです。簡単なことなので、ぜひ一度試してみてください。