食材は節約をしないです

節約のマナー

0065f2ef3fa40ac0226517252be881a5_s節約にもルールとかマナーがあると思うのですが、
私が心がけているのは「節約にもマナーがある」ということ。

これねー。自分で「ここまで」という限度を決めておかないと、
どんどんケチるようになっちゃうから気を付けないといけないって思ってます。
節約って、やろうと思ったらいくらでもできるんですよ。

なぜなら、やろうと思ったら一食カップラーメンとかにしたらめっちゃ安いから。
カップラーメンって、安売りでたまに100円くらいで売っているじゃないですか。
ああいうのを買ってきて、食べればかなりの節約になります。

それこそ、一か月一万円でいけるんじゃないですかね。
でも、ああいう方法で節約をしたら体はどうなるんだ?という話しなんです。
おとなななら、お金がない時や時間がないときにカップラーメンを食べて節約って
方法がいけるのでしょうが、やっぱり子供がいる私としてはそれはやりたくないって
気持ちがあるんです。

だから、私は絶対に「食材は節約しない」って決めてます。
食材を節約しないというと「高いものでも買うのか」と思われそうですが、
栄養がとれないような節約はNGってことね。これは多くのママさん一緒だと思いますが、
そうやって「節約の限度」を決めるのは大事なことだなと思います。

野菜の量は基本的に減らさない

野菜の量は、基本的には減らさないようにしています。
例えばですよ、サラダを作るんだったら私はキュウリ、キャベツ、トマトは絶対に出したい。
でも、ブロッコリーとかあのへんはせつやくしてもいいかなって思います。
だから、基本的にたべさせたい三つ以外は節約することもあります。逆にいえば「3種類は死守する」ということ。こういう割り切りが大事って思ってます。
まったく0にしての節約はなしということ。こういう「節約のライン」を決めるのは大事なことだと思ってます。
節約って、そればっかりしてもいけないと思いますからね。

根菜は値段の変動が少ない

それでも野菜が高い時は、できるだけ根菜を選ぶようにしています。
根菜って、わりと価格変動しないじゃないですか。
あと、キノコなんかもいいですよね。キノコは庶民のつよい味方なので、キノコはできるだけたくさん買って野菜のかさましをしています。これ、便利ですよ~。キノコはきざんでハンバーグにも入れられるし。
こういう使い方ができるっていうのはいいですね。
根菜は本当に使い方がたくさんあるので、使ってみるといいですよ。私はどんどん使ってます。
こういう風に、安い野菜を使って頑張るという方法もアリだと思います。
あとは料理上手になることですね。