家中の掃除が捗る「オキシクリーン」活用法

大流行中のオキシクリーンとは

最近は様々な掃除アイテムが流行していますが、その中でも特に人気なのがオキシクリーンです。
オキシクリーンは塩素や蛍光剤、界面活性剤といったものが使われていないために環境にも優しく、掃除洗濯と様々なところに使うことができます。

オキシクリーンはもともとアメリカで誕生した酵素系漂白剤です。
酵素系漂白剤の主成分は弱アルカリ性である過炭酸ナトリウムです。
過炭酸ナトリウムは水に溶けると酸素と水、炭酸ソーダとに分解されてこれが洗浄効果の高いもので汚れをしっかりと落としてくれます。

塩素系の漂白剤とおなじくらい漂白能力があるものの、色柄ものの色落ちを防いで汚れだけを落としてくれるという特徴があります。
そのため、使い勝手が良いというところも人気です。

オキシクリーンの活用方法

オキシクリーンは漂白効果が高いことで漂白剤代わりに使われることはもちろんですが、日常的に洗濯洗剤として使うことができますし、様々な場面で掃除にも活用できる便利なアイテムです。
床の拭き掃除をするときにも使うとフローリングのべたつきが取れて汚れも取れます。
なおかつ有害物質が入っていないということで赤ちゃんや子供のいる家庭、ペットのいる家庭でも気軽に使うことができます。

特に台所の床というのは調理の際に油が飛び跳ねて床にシミがたくさんついていることが多いです。
これもオキシクリーンを溶かした水で濡らした雑巾で拭くと一気にきれいになります。
ただし、床材によっては水拭きが禁止されているものやオキシクリーンの使用を控えるように書かれているものもありますから、事前に材質の確認をして使用するようにしましょう。

食器の汚れを取ることもできます。
グラス類やシルバー類は使っていると少しずつ曇りが出てくるものです。
これもオキシクリーンでつけ置き洗いをしたり、オキシクリーンを溶かした水で湿らせたふきんで拭き掃除をしたりするときれいに落とすことができます。

ガスコンロ周辺の油汚れにも効果的です。
オキシクリーンを溶かした水を洗剤代わりに使って使うこともできますし、こびりついて落ちない場合にはキッチンペーパーをかけて霧吹きで振りかけてしばらく放置すると汚れが浮いてきます。

特にひどい汚れにはペーストを活用する

お風呂のタイルの目地が黒ずみや換気扇にこびりついている油汚れなど、簡単に落ちない汚れはペーストにしたオキシクリーンが効果的です。
ペーストの作り方は簡単でオキシクリーンにお湯を加えてペースト状にするだけです。

ペーストにすることで汚れている部分にしっかりと付着して汚れが落ちやすくなります。
お湯を使ってペーストにすることで、オキシクリーンが効果を発揮しやすくなるので、40度程度のお湯でペーストを作るのがおすすめです。

賃貸でも出来るお洒落なトイレのDIY

トイレのDIYは自分でできる

トイレのDIYといったらプロの力を借りなければできないものと思われがちです。
もちろん、排水設備を変えたりトイレ本体を変えたりといった作業はプロに任せないと失敗することが多いです。
しかし、賃貸物件でも自分でできるDIYがいろいろとあります。

自分の家が快適で好みのデザインとなれば住み心地はよりよくなりますし、家にいる時間が楽しくなりリラックスが得られるようになります。
賃貸物件でもあきらめずできるDIYをしてみましょう。

トイレに棚を作る

賃貸物件のトイレはあまり広くなく、ものを置く場所が十分に取れないことも多いです。
さらに作り付けの棚がないとなればどうしてもものを置くスペースがなく、床にあれこれ置いてしまうことも少なくありません。
そのような状態は不衛生ですしトイレ掃除も面倒になってしまいます。

そこで賃貸物件でもトイレに棚を作ってスペースを有効に使うようにしましょう。
最も簡単な方法としては棚になるタイプの突っ張り棒をトイレの背面に設置して背面収納を作るという方法です。
これは棚の上部に突っ張り棒を付けて布で隠せばプライベートも守ることができ、なおかつ簡単に作ることができおすすめの方法です。

もう少し本格的なものにしたいという場合には、トイレの上に物置スペースができるようにコの字に木材を組んでトイレのタンク上に設置するという方法があります。
これならばトイレの上に棚となる板材を置いているだけなので壁を傷つけることがありません。
天板を重ねておいて棚のような形にしたり、かごや箱を置いたりと収納方法もアレンジもいろいろできます。

流行のタンクレストイレを作ることもできる

この棚を作る方法を応用するとトイレタンクを隠す収納を作ることもできます。
トイレのシンク部分を残すように下の部分を目隠しするという方法で、下に収納スペースを作ることも可能です。

まずは角材で枠組みを作り、トイレのタンク部分を覆う骨組みを作っていきます。
それができたら角材にトイレのタンク部分を隠すために板を付けていきます。
このとき、板に色を塗ったり壁紙を張ったりしてアレンジするとオリジナリティのあるスペースにすることができおすすめです。

ただ、タンク横の部分は水がかかりやすく塗装をするとトイレの壁紙に色を付ける可能性もあります。
そこで、そのような部分だけはタイルを貼ったり壁紙を貼ったりといったアレンジのほうが良い場合もありますから素材を見て判断しましょう。

これは簡単そうに見えてトイレの狭い部分で行いますし、トイレのような細かなパーツのある場所で行うためしっかりと長さを測って行う必要があります。
そこで、作業をしながら実際にトイレに設置して微調整をかけながら作るようにしましょう。

初心者でもできた収納ベンチDIY

おしゃれで実用的な収納ベンチ

どうしても家の広さに対して収納というのは不足するものです。
どれだけ気を付けていてもものは増えますし、急な来客のために緊急時の荷物の隠し場所となるスペースもほしいと思うものです。
そのようなニーズにもこたえられ、実用的なものとして収納できるベンチはとても人気を集めています。

しかしこのような収納できるベンチというのは購入するとかなり高価です。
そのため購入は無理だとあきらめている人も少なくありません。
この収納ベンチはDIY初心者の人でも意外と簡単に作ることができ、費用もあまりかけずに作ることができます。

そこでここではカラーボックスを使って作ることのできる収納ベンチの作り方を紹介していきます。
収納ベンチは欲しいけど買えないとあきらめていた人はぜひこれを参考に挑戦してみましょう。

カラーボックスを使って作る収納ベンチに必要な道具

ベンチを作るにあたって使うのは、カラーボックスと座面部分を作るための木材です。
木材がいくつか必要で、1×4材は90.5cmのものを5枚、4mm厚の板39cm×84cmを1枚、1cm角39cmを2枚用意します。

木材のカットがうまくいかないと仕上がりが悪くなったり座面がすぐに壊れたりする原因となります。
ホームセンターであれば木材のカットを無料や有料で行ってくれるので、カットはプロに任せるようにしましょう。

作り方

まずは天板を接着していきます。
木工用ボンドで1×4材の板戸板の間をつないでいきすべてを貼り合わせたら乾かしていきます。
その間に裏板の接着をしていくのですが、1×4材の上に4㎜の厚さの板を接着するのですが、このときヘラや木片などを使ってしっかりと薄くボンドを伸ばすことが重要です。

続いて、天板部分を底板の内側に入るような形で、角材を接着します。
これは天板がずれることを防いでくれるものなので、まっすぐ正確な位置につくようにしっかりと合わせていきましょう。

ここまでできたら天板を乾かしていきます。
しっかりと接着するよう、そしてゆがまないようにしっかり重たい本など重しとなるものを置いておきましょう。

途中で触ると歪みやずれの原因になってしまいます。
そこで気になっても半日ほど放置してしっかりと接着するのを待ちましょう。
もしもはみ出ている接着剤があれば重しを乗せる前に濡れ雑巾で拭いておくと仕上がりがきれいです。

ボンドが乾いたら仕上げをしていきます。
木材にやすりをかけて表面をきれいにし、最後に四隅にもやすりをかけて角を丸くしておきましょう。
やすりは表面が240番くらいのもの、角の丸みを付けるのは120番くらいのものが適切です。

やすりがけをしたら表面の木材をしっかりと払いのけて木材を保護するための塗料を塗っていきます。
素材の雰囲気を残したければオイルステイン、部屋のインテリアとして活用する場合にはアクセントカラーとなるような塗料を付けるのもおすすめです。