朝の時間を有効利用して上手にスケジュール管理

5a6a8beaee0d8330c499d1e37eadc591_s1日は24時間ありますが、それでも足りない!と思う人もいるかもしれませんね。

私はスケジュールを上手に管理するポイントを握っているのは、時間帯で言えば朝の時間なのではないかと思います。

低血圧の人にはちょっときついかもしれませんが、この忙しい時間を上手に利用することでスケジュールの管理はもっと楽になると思いますよ。

時間を有効に使うのは夜のゆったりできる時間と思われがちですが、人の頭は夜よりも朝の方がはっきりとしています。

日が沈むと寝て、日が昇ると起きるという生活をしていた人間は、体がそうなっているので、日が昇る朝にはちゃんと活動できるようにスイッチが入るのです。

実際、以前は夜が中心の生活だったのを、朝中心の生活にした人は、1日が長く感じると言っていました。

朝は早く起きている分、夜は少し早く寝ているので、実質の睡眠時間や使える時間は多少しか変わっていないはずなのですが、1日が長く感じるのは時間を有効に使えているからであり、朝は頭が働くので作業がさくさく進むのです。

これは本当に不思議で、夜早く寝る分たばこの本数も減ったようです。これは思わぬ効果だったので、誰でも朝型の生活にすればたばこが減るということもないでしょうが、効率的に時間を使えるようになるのは確かです。

もし半信半疑のようでしたら、夜と朝でドリル計算の時間などを比べてみるといいかもしれません。多分結果は朝に軍配があがると思います。

実はこれは脳科学的にもちゃんと言われていることなので、気のせいではないと思います。

朝は寝ている間にたまっていたドーパミンが出て、記憶や認知機能が向上するのです。このドーパミンはやる気が出るドーパミンですので、朝は勉強などにも向いているんですね。

そしてこの朝の勉強によって、効率の良さやできることを感じるようにになれば、快感をとなり、さらにドーパミンは放出されますので、もっと効率をあげて勉強できるようになるのですよ。

逆に夜はどうでしょう。

既に1日、使い果たされた脳と体は休みを取りたがっていますので、ドーパミンはなかなか出てきません。ドーパミンをためようと体はしているのです。

起きたときに出るなら午後に起きても出る量は一緒でしょ。と思うかもしれませんが、これも違います。

ドーパミンはやはり朝が一番放出されやすいのです。

体はリズムに沿って働きを調整していますので、夜は休み、朝行動がいいという考えは全ての人にあてはまるものです。

朝の時間を上手に使って、やるべきことは朝にすませて、効率よくスケジュールを組み立てたいものですね。