缶切りがなくても缶詰を開ける方法

大事なものを忘れるもの

キャンプなどのアウトドアの際に必ず缶詰を持っているという方も多いはずです。
缶詰は持ち運びにも便利ですし、非常食としてストックしておく際にも便利です。
でも、肝心な時に限って缶切りを忘れてしまい、開けることができずに困ってしまうことがあるものです。
最近はプルトップ式になっていて缶切りを持っていなくても簡単に開けられる缶詰が増えているため、つい缶切りの存在を忘れてしまう人が多いのです。
でも、缶切りがなくても缶詰を開ける方法を知っていたら困ることも無いので安心してください。

自宅で行う場合

どんなに缶切りを探しても見つからないという場合には、スプーンがあれば缶切りの代用にすることもできます。
この場合はかなり力が必要になるため、女性では簡単にできない場合もあるのでご了承ください。

まずはしっかりスプーンを握ってください。
スプーンのすくう部分も包み込むようにして確実に握るのがコツです。
次に缶詰の蓋が密封されている端の部分を何度も強くこするようにして動かします。
この時にかなり力が必要になりますが、コツさえ掴んでしまえば30秒くらいでスプーンが缶詰の蓋を突き破って穴が開きます。
そのまま缶切りと同様にして少しずつ位置をずらしながら蓋をこじ開けるようにしてください。

もう一つの方法としては、キッチンバサミを使う方法もあります。
刃物なので取り扱いには細心の注意を払ってもらいたいのですが、缶切りで切るところと同じ部分に刃を当ててまっすぐに力を入れてください。
案外力を入れなくても金属の蓋に穴が開くはずです。
キッチンバサミの他にも出刃包丁やナイフを使う方法もありますが、いずれにしても刃がダメになってしまうことが多いため、どうしても開ける方法がないという時の最終手段に活用することをおすすめします。

アウトドアの場合

アウトドアではスプーンもキッチンバサミも忘れてしまうことも多いため、いよいよ諦めなければいけないのかとがっかりするものですが、アウトドアでも同様に缶切り意外でも開ける方法があるのです。
まずはコンクリートに缶詰の蓋側をこすりつけてください。
コンクリートにこすりつけることで缶詰本体と蓋をくっつけている部分を削り取ることが可能になります。
しばらくこすっていると少しだけ缶と蓋に隙間ができるので、後は缶の横から思い切り押すと簡単に中身を取り出しやすくなります。

このように工夫次第で缶切りなしでも缶詰を開ける方法は色々考えられますが、いずれも缶切り以上に労力を伴う事は間違いありません。
特にスプーンやキッチンバサミなどで代用した場合は、二度と使い物にならなくなってしまう可能性もあるので、できるだけ本来の缶切りを常備しておきましょう。