保冷剤で臭い消し

捨ててしまうのはもったいない!

ケーキ屋さんなどでお菓子を購入すると、品質を維持するために保冷剤を付けてくれる場合があります。
冷凍庫に入れておけば何度も繰り返して保冷剤として活用できるものですが、あまり使いみちがないと思った場合にはそのままゴミ箱へ…という方も多いはずです。
でも、簡単に捨ててしまうのはもったいないので再利用する方法を考えてみたところ、意外な使い方として保冷剤で臭い消しができる方法を発見しました!

参考:保冷材の中身を再利用して芳香剤や消臭剤にする方法とは?

消臭剤にリメイク!

保冷剤は物を冷やすために使うものではなく、物が温まってしまうのを防ぐために使うものです。
そのため、保冷剤の正体はほとんどが水で作られていて、そのほかに生理用ナプキンや赤ちゃん用の紙おむつにも使われている高吸収性ポリマーや防腐剤などが含まれているのです。
これらの原材料で作られた保冷剤の中に入っているジェル状のものは、肉眼では確認できませんが凹凸が存在していてその中に臭いを吸着して閉じ込めてくれる効果を発揮するそうなのです。

保冷剤の中身を有効活用することで手作り消臭剤に早変わりさせる方法はとても簡単です。
まずは要らない容器を用意しておきましょう。
保冷剤をもらったケーキ屋さんで買ったプリン容器をキレイに洗って使っても良いですし、お子さんが使わなくなった食器などを使っても良いです。
後は容器に保冷剤の中身を入れるだけで完成!
そのまま臭いが気になる場所に置いてください。

容器は何でも良いのですが、消臭効果を発揮するには口が細くなっているものよりも、広くなっている方が良いそうです。
そのためすこし広めのお皿などを活用することをおすすめします。

可愛くアレンジする方法

あまりにも簡単に作れるリメイク消臭剤ですが、アレンジを加えることで可愛いらしさをプラスすることもできます。
好きな色の水性ペンで容器の内側に色を塗ってから、保冷剤を入れて混ぜ合わせるとジェルに色が移ってとてもキレイな色合いになります。
他にも水性絵の具を水で溶かしてから混ぜあわせても良いでしょう。
複数の色を組み合わせてグラデーションのように仕上げることもできます。

また、ジェルの上にビー玉などを乗せておくのも可愛いです。
スパンコールやラメなどを散らしても可愛らしさがアップするでしょう。

エッセンシャルオイルをお持ちの方は、ジェルに混ぜると芳香剤としても活用できます。
市販されている芳香剤の人工的な香りとは異なり、自然のエッセンシャルオイルが優しく香るので、リラックス効果はとても高いです。
自然な香りの芳香剤を作る場合には、エッセンシャルオイルを10滴ほど混ぜあわせてください。
しばらく経つと香りが薄くなってくるので、更に混ぜ合わせると繰り返して良い香りが持続します。