室内の乾燥を防ぐ方法

肌荒れや風邪を予防しましょう!

空気が乾燥する冬や、エアコンがフル稼働している時にはどうしても室内が乾燥しやすくなって肌荒れの原因になったり風邪を引きやすくなるなどの弊害が生じます。
適度な湿度を維持していなければ悪影響を生じるため、室内の乾燥を防ぐ方法を実施したいものです。
どなたでも取り組みやすい方法からご紹介します。

参考:部屋の乾燥を防ぐ方法

室内干し

洗濯物は乾燥機を使っているという方も多いはずですが、室内干しにすると洗濯物が乾く時に湿度が上昇し、乾燥機を使用する電気代を節約することにも繋がり一石二鳥の効果を発揮します。
ただし、室内干しをするとかなり邪魔に感じられるかもしれませんし、逆に湿度が高くなりすぎると窓の結露が気になり過ぎる場合もあるため注意しなければいけません。
家族が多くて洗濯物がたくさんある家庭では、室内が洗濯物だらけになってしまい邪魔になる場合もあるので干す場所をしっかり確保しておきましょう。

どうしても洗濯物の室内干しに抵抗がある場合には、バスタオルなどを濡らして室内に干しておくだけでも効果的です。
この場合は好きな香りのエッセンシャルオイルを含ませておくと、良い香りが部屋中に漂ってリラックス効果も発揮できます。

茹で料理、蒸し料理を楽しむ

蒸気が出る料理をしていれば自然に室内の湿度も高くなり、家族も美味しく食事ができて一石二鳥です。
特に冬は鍋料理をすると体も芯から暖められて冷え症予防にも効果的です。
茹でたり蒸したりする調理法は、栄養価を極力逃さずに余計なカロリーを摂取し過ぎないなどのヘルシーな調理法なのでぜひお試しください。

加湿器を使う

多少お金がかかっても加湿器を使った方が間違いなく適度な湿度を補給できます。
特に家族の誰かが風邪をひいてしまったので他の家族に伝染らないように予防したい場合は、湿度を高めに維持しておけば家庭内での感染を食い止めることができる可能性が高くなります。
加湿器は様々な種類が販売されており、価格も数千円から数万円までバラつきがあります。
できるだけお金をかけたくないという場合には、ペットボトルの空き容器を利用して加湿器として使える手頃なタイプも販売されています。

加湿器を使用する場合には、必ず湿度計で室内の湿度をチェックしてください。
あまりにも湿度が高くなりすぎるとカビが発生するなどのデメリットが生じます。
適度な湿度は40~60%とされており、これ以上下がっても上がっても室内環境としては良くありません。
適切な湿度を維持できるように、こまめに湿度計を確認するようにして室内の湿度を調節しましょう。
加湿器を購入するほどお金をかけたくないという場合には、霧吹きを使って室内に水分を拡散させたり、耐熱容器にお湯を入れて置いておくだけでも良いです。