浴室のカビ対策に効果的な法則

お風呂は傷みやすい場所

お風呂というのは住まいの中で最も傷みやすい場所といわれています。
どうしても毎日水を大量に使いますし湿気もこもりやすく温度変化が激しくなってしまうため、カビも繁殖しやすいですし劣化もしやすいのです。
そこで、お風呂の掃除というのはきれいな状態を維持すること、傷みを防ぐためのコツを知っておきましょう。

お風呂は毎日使う場所です。
そして使う人数によって汚れはひどくなっていきますし、お風呂に置くものも増えますから、掃除をする場所も増えていきます。
これを理解して掃除や環境整備をすることでお風呂掃除は大きく改善していきます。

お風呂に置くものの数を考える

お風呂にはいろいろなものを置きがちです。
すぐに掃除ができるように掃除用具を置くことも多いですし、浴槽のフタ、シャンプーやコンディショナー、カミソリなど様々なアイテムが置かれています。
これらのものがあれば、それだけ汚れることを理解しておきましょう。

どれだけ気を付けてもシャンプーやコンディショナーにも水滴はつきますしそこからカビが発生してしまいます。
そこでお風呂掃除をするときには面倒ですがシャンプーやコンディショナーを除けて掃除すること、置いているものの底までしっかりと拭くようにするとカビの発生を防げます。
この作業が面倒という場合にはつりさげ式の収納にしたり置くものの数を減らしたりすることが効果的です。

換気扇を止めてみる

浴室は換気をすることが重要とよく言われます。
そのため最近では24時間ずっと換気をしているという家も少なくありません。
確かに換気をすることで湿気がなくなりますし異臭も減ります。

しかし、これが掃除をすることを忘れる原因となることが多いです。
匂いがしないため、浴室がきれいであると錯覚するのです。
そこで、掃除する前に換気扇を1時間ほど止めてみましょう。

換気扇を止めて匂いがしなければ清潔が保たれているということになりますが、もしも匂いがすると感じたらどこか汚れてカビが発生していることになります。
目に見える所だけでなく、浴槽のバンや排水溝といったところまで徹底的に掃除をして換気扇がなくても匂いがしない状態まで掃除をしましょう。

掃除用具の衛生状態を確認する

意外と忘れられがちなのが浴室掃除はしても浴室の掃除道具の掃除をしないということです。
掃除道具が不潔では掃除をしてもカビを塗り付けているだけの状態になってしまいます。
そこで、定期的に掃除用具を洗浄するだけでなく除菌と天日干しをしてしっかりと清潔に保ちましょう。

また、使える状態だからとずっと同じものを使い続けるのではなく、定期的に新しいものにすることも重要です。
見た目にきれいでも見えない部分には雑菌がたくさんいることがとても多いです。