困ったときは歯磨き粉②

日常で使える裏ワザ

前回は歯磨き粉を使うことで様々な活用法があることをご紹介しましたが、実は他にもまだまだ色々な使い方があるのです。
困った時には歯磨き粉を使ってみたい!という活用法をご紹介します。

カーペットのシミ抜き

キレイに使っていたつもりでも、カーペットにシミができてしまってみすぼらしくなってしまった…とがっかりしている方も多いはずです。
色々なシミ抜き方法がある中で簡単に実現できるのが歯磨き粉を使った方法です。

歯ブラシに歯磨き粉をつけてからカーペットの汚れが気になる部分をかきだすようにしてこすります。
すると少しずつ汚れが浮いてくるので、その汚れを雑巾などに水を含ませてからトントンと叩くようにして吸い取ります。
これを何度か繰り返していると、カーペットの汚れが目立たなくなります。

爪のお手入れ

歯磨き粉に含まれる研磨剤の作用で、爪を滑らかにすることもできます。
コットンに歯磨き粉を少し付けて、爪を丁寧に磨くようにこすると、爪がピカピカになって触ってみるとツルツルになります。
わざわざネイルケアグッズを購入しなくても、自宅にあるもので思い立った時にすぐケアできるなんて便利ですよね。
ネイルを行う前にお手入れしておくと、ネイルのノリが良くなってキレイに仕上がります。

クレヨンの落書き

小さなお子さんがいる家庭ではよくある光景ですが、少し目を離した隙に壁一面に子供が描いた落書きが!
呆気にとられて叱るのではなく笑ってしまったという経験がある方も多いはずです。
もう壁紙の張替えしか方法はないのかな…と諦めずに騙されたと思って歯磨き粉を使ってお手入れしてみましょう。
使い古した歯ブラシと歯磨き粉とぞうきんを用意し、歯ブラシに歯磨き粉をつけてクレヨンの汚れをかきだし、水を濡らしてきつく絞ったぞうきんで拭きとってみましょう。
あまりゴシゴシこすり過ぎると壁紙を痛めてしまうので適度に優しくこするようにしてください。

ニキビケア、虫刺され

ニキビにはニキビ専用の化粧品を使わなければケアできないと思っている方も多いですが、歯磨き粉でも簡単にケアができます。
夜に洗顔をしてからニキビのところに歯磨き粉を少しだけ付けるだけでOKです。
ニキビが早く乾くので回復も早くなると期待できます。
ただしこの方法は既に炎症を起こしている場合には良くありません。
ニキビができたてホヤホヤでまだ悪化していない時にお試しださい。

虫刺されの跡が気になる部分にも早く皮膚を回復させる効果を発揮するそうです。
いずれにしても肌が弱い方には刺激が強すぎる場合があるため、あまりにもヒリヒリして不快だという場合には無理をしないですぐに洗い流してください。
また、歯磨き粉をつけて皮膚をこするようにすると刺激を与えてしまうので注意しましょう。