家族にも好評だった手作り調味料TOP3

調味料は料理の味を決める重要なもの

最近ではいろいろな調味料が販売されていて、簡単に本格的な味付けや外国の調味料の味付けが楽しめるようになっています。
こういったものは手軽に調理ができておいしく仕上がるために誰でも気軽に調理に使えるということでとても人気です。
しかし、購入していくうちにどんどんと冷蔵庫に調味料がたまっていくということも少なくありません。

実は調味料は自分で作り出すことができます。
自分で作ったものは添加物の心配もなく使えますし、調味料が足りないという時にも便利です。
そこで、自分で作る調味料を覚えておきましょう。

焼き肉のたれも自分で作れる

焼き肉のたれというのは焼き肉をするときにはもちろんですが、様々な料理で活用することができる便利アイテムです。
焼き肉も自宅でするという時には家族で味の好みがちがい、いろいろなタイプを購入しているという人も少なくありません。
自宅で作って楽しむと手軽にいろいろなレパートリーが楽しめますし、使いきれなかったら翌日以降の料理で活用できますから、ぜひ自分で作ってみましょう。

インターネットで調べるといろいろな焼き肉のたれレシピがあります。
簡単なものから本格的なものまで様々です。
本格的なものとして野菜のピューレを作って作るタイプのものは野菜が不足しがちな焼き肉ではしっかりと野菜もとることができておすすめです。

食べるラー油

大流行した食べるラー油ですが、おいしいけれども高いというのがネックで買うのを控えている人も少なくありませんでした。
これも自宅で作ることができます。
アレンジをして具材を好きなものにできるというのも自家製のポイントです。

中に入れるフライドガーリックやフライドオニオンも自作することもできますし時間がなければ市販のものを使って作ることもできます。
ごはんにかけて食べたり、冷ややっこやパスタの味付けに使ったり、冷ややっこにかけたり、肉料理にかけたりと様々なアレンジができますから作ってもすぐになくなること間違いなしです。
もしも余ったという時にはお酢と混ぜてドレッシングとして使用するのもおすすめです。

煎り酒

最近注目を集めている調味料として煎り酒があります。
これは梅干を酒で煮出した汁をこして作るもので、昔は醤油の代わりとして使われていたものです。

醤油のような味わいなのですが、醤油に比べてまろやかで風味があるのでお刺身につけて食べるのはもちろんですがいろいろな料理で隠し味としても使われます。
自宅で活用する際にも醤油の代わりとして使えば塩分カットの効果もあります。
つくり方もあまり難しくなく、簡単に作れ保存も効きますから定期的に作ってストックしておくのもおすすめです。