超簡単!温泉卵の作り方

失敗する心配がありません!

今日のメニューは丼ものという時にトッピングにあると嬉しいのが温泉卵です。
生卵よりもゆで卵よりも丼のトッピングには最適で、何ともいえない美味しさを楽しめます。
お店では美味しそうな温泉卵がトッピングされていますが、自宅で再現しようとするとかなり難しいものです。
ドロドロでほぼ生の状態になっていたり、硬すぎてほとんどゆで卵という状態になるので調整が難しいものです。
どんなに料理が苦手な人でも超簡単にできる、温泉卵の作り方をご紹介します。

参考:放置するだけ!失敗なし!ぷるぷる温泉卵の超簡単作り方7つの方法

コツなし!お湯に入れるだけ

温泉卵の作り方は決して難しく考える必要はありません。
まずはお湯を沸かしてしっかり沸騰させてください。
沸騰したら火を止めて、卵を投入してそのまま15分待ちましょう。
唯一コツがあるとしたら、何も手を加えないことです。
ぐるぐるかき回してみたりしたくなるものですが、かえって余計な事をした方がお湯の温度が下がりすぎてしまって生の状態に近くなってしまいます。

また、蓋をしないで開けっ放しにしておくことも忘れないで下さい。
蓋をするとお湯の温度が高いままになるため、ゆで卵のように硬くなってしまう原因になります。
本当に何も手を加えない方法が最も簡単な作り方といえるでしょう。

炊飯器の熱を有効活用

ご飯が炊きあがった直後は熱々なので、この温度を利用して温泉卵を作ってみましょう。
まずは準備段階として卵をしっかり洗っておきましょう。
日本の業者さんは衛生的な卵を生産してくれていますが、さすがに炊き上がったご飯の中に投入するのですからきちんと洗っておいた方が良いです。
洗う時には殻が割れないように注意して、アルミホイルでくるんでおきましょう。
ご飯が炊きあがったらアルミホイルでくるんだ卵をご飯の上に置いて炊飯器の蓋をして40分くらい経ってから取り出してください。

もう一つのやり方は、ご飯を炊いていない空っぽの状態の炊飯器に卵を入れておき、70度くらいに冷ましたお湯を入れて炊飯器の保温ボタンをオンにします。
このままで30分放置すると温泉卵が出来上がるという方法です。
まとめて温泉卵を作りたいという場合にはこの方法がとても簡単だと好評です。

炊飯器を使って温泉卵を作る場合は、それぞれのメーカーによって特性が異なるため、時間を調整しなければいけない場合があります。
一回目に作った時には失敗だったけど、二回目に時間を調整し直したら成功したという場合には、成功した時の時間をしっかり覚えておきましょう。

どんな方法で温泉卵を作る場合も、重要なのはしっかり時間を測ることです。
時間によってドロドロになったり、硬くなりすぎたりするので丁度良い時間を見極めるまでが難しいかもしれません。