カビやニオイを防ぐ傘の手入れ方法

意外と忘れられがちな傘のケア

傘というのは使ったらそのままにしているという人も少なくありません。
最近では特にリーズナブルに手軽にビニール傘が手に入るようになったことで、傘のメンテナンスというのは忘れられがちです。

しかし、傘というのは雨から身を守ってくれるものですからたくさんの水を浴びています。
きちんとケアをしなければカビが発生したり錆びたりするだけでなく、気付かないうちに臭くなっていることも多いです。
お気に入りの傘が長くきれいな状態で使えるようにケアの方法を覚えておきましょう。

傘のメンテナンス方法

傘は汚れや湿気をたくさんつけています。
そのままの状態にしているとカビが繁殖したり色が変色したり錆びで開閉がうまくできなくなったりする原因になります。
そこで、しっかりと乾かすことがとても大切です。

傘を使用したら、帰宅してまずは水分をしっかりと払うことから始めます。
これは傘を閉じたまま雨を振り落とせば十分です。
中には少しでも水を飛ばそうと傘を広げて行う人がいますが、これは傘が傷む原因になるので正しくありません。

振り落とすだけでは水分を取り除くには不十分です。
そこで自宅にスペースがあれば傘を開いて乾かし、それが難しいという場合にはタオルなどの布でふき取っておくと理想的です。

雨が止んだら外に干して完全に乾かすのですが、このとき直射日光があたらないように干すようにしましょう。
直射日光に当たると色やけを起こしたり繊維が傷んだりします。
外に干すのもあまり長時間でなく短時間で十分です。

時には汚れを洗うことも必要

雨は水だけでなく中に泥やホコリといったものも含んでいます。
そこで長くきれいな状態を維持するためには時には洗うことも必要です。

洗う方法としては薄めた中性洗剤をスポンジに含ませて拭いていき、仕上げに水を含ませたスポンジで拭いて陰干ししていきます。
このとき中性洗剤は台所用洗剤で問題ないのですが、素材や色によっては色落ちする可能性もあります。
そこで、目立たたないところで軽く拭いて色落ちがないかを確認してから行うようにしましょう。

もしも、色落ちをするようであれば洗剤を付けて拭く必要はありません。
水で湿らせたスポンジで拭いていくだけで十分です。

もしも大切な傘で長く使い続けたいという場合には自分で洗うのではなくクリーニング店に持っていくというのも一つの方法です。
この際、対応している店舗が限られていますから持ち込む前に確認をしてみましょう。

お店によってはただクリーニングをするだけでなく染み抜きまで対応しているところもあります。
また、クリーニング店だけでなく鍵屋や金物屋で傘のメンテナンスをしてもらうこともできます。
そのような店舗では傘の骨が折れたものや錆びているものの交換をしてもらうこともできることがありますから、気になるものがあれば問い合わせてみましょう。