家中の掃除が捗る「オキシクリーン」活用法

大流行中のオキシクリーンとは

最近は様々な掃除アイテムが流行していますが、その中でも特に人気なのがオキシクリーンです。
オキシクリーンは塩素や蛍光剤、界面活性剤といったものが使われていないために環境にも優しく、掃除洗濯と様々なところに使うことができます。

オキシクリーンはもともとアメリカで誕生した酵素系漂白剤です。
酵素系漂白剤の主成分は弱アルカリ性である過炭酸ナトリウムです。
過炭酸ナトリウムは水に溶けると酸素と水、炭酸ソーダとに分解されてこれが洗浄効果の高いもので汚れをしっかりと落としてくれます。

塩素系の漂白剤とおなじくらい漂白能力があるものの、色柄ものの色落ちを防いで汚れだけを落としてくれるという特徴があります。
そのため、使い勝手が良いというところも人気です。

オキシクリーンの活用方法

オキシクリーンは漂白効果が高いことで漂白剤代わりに使われることはもちろんですが、日常的に洗濯洗剤として使うことができますし、様々な場面で掃除にも活用できる便利なアイテムです。
床の拭き掃除をするときにも使うとフローリングのべたつきが取れて汚れも取れます。
なおかつ有害物質が入っていないということで赤ちゃんや子供のいる家庭、ペットのいる家庭でも気軽に使うことができます。

特に台所の床というのは調理の際に油が飛び跳ねて床にシミがたくさんついていることが多いです。
これもオキシクリーンを溶かした水で濡らした雑巾で拭くと一気にきれいになります。
ただし、床材によっては水拭きが禁止されているものやオキシクリーンの使用を控えるように書かれているものもありますから、事前に材質の確認をして使用するようにしましょう。

食器の汚れを取ることもできます。
グラス類やシルバー類は使っていると少しずつ曇りが出てくるものです。
これもオキシクリーンでつけ置き洗いをしたり、オキシクリーンを溶かした水で湿らせたふきんで拭き掃除をしたりするときれいに落とすことができます。

ガスコンロ周辺の油汚れにも効果的です。
オキシクリーンを溶かした水を洗剤代わりに使って使うこともできますし、こびりついて落ちない場合にはキッチンペーパーをかけて霧吹きで振りかけてしばらく放置すると汚れが浮いてきます。

特にひどい汚れにはペーストを活用する

お風呂のタイルの目地が黒ずみや換気扇にこびりついている油汚れなど、簡単に落ちない汚れはペーストにしたオキシクリーンが効果的です。
ペーストの作り方は簡単でオキシクリーンにお湯を加えてペースト状にするだけです。

ペーストにすることで汚れている部分にしっかりと付着して汚れが落ちやすくなります。
お湯を使ってペーストにすることで、オキシクリーンが効果を発揮しやすくなるので、40度程度のお湯でペーストを作るのがおすすめです。