人事の仕事も効率的に!

9fd9b028e072207e47ab30f4e6037e9f_s私は人事部で仕事をしています。
人事部というのは、みなさんもご存知の通り、企業で勤めている人たちの給与やポジションなどの管理している場所です。

そして、そんな人事での仕事というのは、実に多岐にわたります。
人材の確保から、その配置、さらにはそんなスタッフたちの勤怠管理までも一手に引き受けなくてはなりません。

私が勤めている会社は正社員だけではなく、パートタイマーもいますし、アルバイトや人材派遣会社から派遣されている人たちもたくさんいて、その勤怠状況もさまざまです。
以前は正社員以外は、タイムカードを利用して勤怠管理をしていました。
その管理がとても大変だったのです。

月末に一ヶ月分の全アルバイト、パート、そして派遣社員のタイムカードを回収し、それを一枚一枚チェックしてからそこから勤務時間や残業時間などを打ち出していきます。
中には、修正事項や、遅刻、あるいは早退といったイレギュラーなことも多々ありました。
そのたびに本人に確認をしたり、タイムカードを修正したりする必要も出てくるので、時間がかかっていました。
最近タイムカードでの勤怠管理よりも、もっとスムーズに勤怠管理ができるシステムを導入するようになりました。
それが、これ↓
(参考サイト)KING OF TIMEの勤怠管理システム

タイムカードを押すという従来の勤怠管理システムではなく、パソコンと連動して、指紋を利用して勤怠管理をデジタルに行うというものなのです。
指紋を利用するので、確実に本人がその時間に出社、あるいは退社したということがわかります。それによって他人が代わりにタイムカードを押しておいてあげるというようなことができなくなります。何人もスタッフがいると、中にはそういうことをやっている人がいる可能性も出てくるので、そういうことを防ぐためにも、この指紋認識方法は役に立ちました。

もちろん、電車の遅延などによって出社が遅れたような場合には、遅延証明書さえあれば、それなりの措置をとることもできるようにしたので、そういう心配もいらなくなりました。

時間管理がパソコンで一元管理ができるようになったので、仕事も実にスムーズに進めることができるようになったのです。

これによって、私の仕事の効率も高まりましたし、余裕を持って人事の他の仕事をすることができるようになりました。
この勤怠管理システムはとても画期的なシステムだということができるのです。