第一印象を変える就活メイク

1d42d33ccd770453962050b4ec83104e_s女性のいいところは、メイクをして印象を変えることができるということです。
これはメリット!自分の顔の中のパーツで「ここがちょっとな」と思うところがあったら、フォローができるというのは本当にいいことです。
なので、就活前に「効果的なメイク方法」を考えていきましょう。
では、ここで「どんなメイク方法があるのか」についてかんがえていきましょう。

就活メイクって?

就活メイクとは、就職活動をする時に効果的なメイクのこと。
これは本当に大切なことです。
プライベートでするメイクは好きにしていいですが、就活の場合は「相手に好感をもってもらえるようなメイクをする」ということが基本中の基本。
だからこそ、就活に必要なメイクの知識を得ておくというのは大切なことになります。
では、ここで「就活メイクのポイント」について書いていきたいと思います。
これから就活をするというひとは、ぜひ参考にしてみてください。

シンプルなメイクであることが基本です。

まず、就活メイクというのは「シンプルなメイクである」ということが基本。
あまり派手過ぎず、シンプルで清潔感があるメイクを意識してください。
自分が好きなメイクではなく、相手から好感をもってもらえるようなメイクであるということが基本です。
これが意外と難しいですよね。自分で好きなメイクをするのはできても、相手から好感度をもってもらえるようなメイクは難しいというひとが多いです。
だからこそ、「研究」をすることが重要です。

必要以上に濃くしない

まず、必要以上にメイクはこくしないこと。
女性というと、アイライナーやマスカラを使ってアイメイクに凝る人も多いですが、これは面接の場では「濃すぎる」と思われることが多いです。
目を印象的にしすぎると、相手からは「なんだかきつそうで、近寄りがたい」と思われてしまうこともありますので、あまりこすぎないように調整をされることをお勧めします。
アイメイクは薄く、柔らかい印象を目指すと失敗がないでしょう。

そして、気を付けたいのがチークです。
チークは彫りを深く見せるために必要なものですが、これもあまり濃すぎるといい印象がありません。ピンク過ぎるとギャルの様なイメージにもなってしまいますし、これも薄く叩く程度にして控えめにされることをオススメしたいですね。
この様に気を付けたいことはたくさんあるのですが、基本は「相手に好印象をもってもらえるメイク」ということを意識すれば大丈夫です。